2013年 城めぐり遍歴

  • 2014年1月2日
  • 2021年5月29日
  • 日記
  • 4View

ここ数年、城めぐりにハマりまして、2013年6月に財団法人日本城郭協会主催の日本城郭検定の3級の取得をきっかけ、いろんな城をめぐっています。

日本城郭協会とは、日本のお城を紹介したり、名城の推薦募集を行い「100名城」を選定している団体で、普通なら見向きもされないような廃墟化した城でも歴史的価値があれば100名城としていて、これがなかなか面白い。47都道府県から最低でも1つは選出されているので100名城めぐりをしていると日本全国まわれてしまうのです。

いなかの近くに100名城のうちのひとつがあり、小さい頃はよく遊びに行ってました。
天守閣は破壊された跡だったので、大手門の石垣のみ残る状態だったのだけど、その石垣&復元された大手門に「すごい かっこいい」と子どもながらに思ったものです。
2級合格をめざして本を読んだりしたけど、実際、行ってみないと頭の中に入らないもので、2013年はあちこちの城に出かけてお勉強しました。

2013年 行ったお城たち。
5月 八王子城(東京都)
6月 川越城(埼玉県)
6月 会津若松城(福島県)
7月 二本松城(福島県)
10月 掛川城 駿府城(静岡県)
11月 犬山城 名古屋城(愛知県)
12月 姫路城 明石城(兵庫県)

お城めぐりをもっと楽しくするモノたち。これで数倍、楽しくなります。


日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき
日本100名城認定されたお城には、スタンプラリー用のスタンプが置いてあります。
この本は100名城について簡単に紹介してあるだけでなく、スタンプ帳になっているので、スタンプラリーが楽しめます♪城を巡っていると気がつくのですが、このスタンプ帳を持ったお仲間さんがけっこういらっしゃるのですよ。


日本100名城めぐりの旅: 7つの「城の楽しみ方」でお城がもっと好きになる!
日本城郭検定公式サポートブック。
100名城すべてについてが掲載されているわけではないんだけど、お城の見所スポットの回り方だけでなく、お城の周辺観光スポット情報や写真撮影に良いスポットなどいろいろ紹介されています。
肝心なお城の紹介については、石垣がすごいところなど、テーマごとにまとめられていて、他のお城と比較しながら読むのも面白い。


ビジュアル百科 日本の城1000城 1冊でまるわかり!
日本城郭検定の勉強用に買った本。
「100名城」どころじゃないよ。「1000城」だよ!

一説によると、日本にはこの狭い国土に対し、40,000もの城があったそうです。
その1/4ではあるものの、聞いたことのないようなお城がたくさん。
有名どころの江戸城、姫路城などはさらに詳しく特集されているけれど、この1000もある城がわかりやすい地図表示されているのが重宝します。
XX城とAA城の城主が戦ってて・・・と史実に記載されていても、位置関係がピンとこない。
そんなときにこの本。
あー、こんな近いところにいたら、そりゃー領地争いがおこるわな
というのがわかったり、旅の計画をたてるときに
この城とこの城に行きたかったけど、げっ。意外と距離あるじゃん。無理じゃん。
というのがよくわかります。写真もきれいだし、眺めているだけで楽しい。
大河ドラマを見ていて「この城の名前、聞いたことないなぁ。」という時に見る本。です。

さて。そして今年の城郭検定の2級受験についてですが。
自己採点ではギリギリ滑り込みの合格予定・・・だったのですが、ギリギリアウト。
落ちてました。次は準1級とダブル受験してやる!
でも準1級はかなり難関のようなので、1年かけて勉強、そして&まったくなじみの無い中国地方には、自ら出向いて見に行かないと頭に入らなさそう。中国地方の城。土地勘がなさ過ぎてどうも頭に入ってこない。

あ、「軍師官兵衛」もあるから官兵衛ゆかりの城めぐりも面白そうだな。
昨年、官兵衛ゆかりの地の姫路に50年に1度の大改修を実施していた姫路城の「天空の白鷺」を見に行ってきたけど、姫路城も素晴らしかったな。
今年も城めぐり&城下町のグルメ旅。楽しもうと思います。

 

ブログランキング参加中
更新の励みになります!ぽちっとひと押しで応援お願いします!
最新情報をチェックしよう!